28日2020年4月

リビングの間取りと家具との関係

注文住宅を建てるときに悩む間取りとしてリビングがあるかもしれません。リビングは家族が集まる空間で滞在時間も長くなります。家族全員が快適に過ごせるような間取りにしたいですが、いざ生活するようになって困り事が出てきたりもします。よくあるのは家を建ててから家具を決めるケースで、一見広さに合わせるので問題ないように感じるでしょう。しかし家族が快適に暮らすには家具の大きさや収納力が結構大事で、必要な大きさの家具を置けないと暮らしにくく感じてしまいます。その問題を解消するにはリビングの間取りを決めるときに家具の大きさや配置も決めておくのが良いでしょう。必要な大きさの家具を置いても十分なスペースが取れ家族みんなが快適に過ごせる空間になります。

解放感を得たいときに最適な間取り

建売住宅では効率よく間取りが配置されるものの、その分解放感に欠けるものも見られます。家族が集まるリビングを広く見せたいなら吹き抜けにすればよく、注文住宅であれば実現可能でしょう。ただ吹き抜けにもいろいろな問題があり、2階部分が狭くなったり冷暖房の効率が悪くなるなどがあるので安易に取り入れるのも良くないかもしれません。解放感が得られる造りとしては間仕切りを可動化する方法があるので検討してみましょう。リビングだけだと狭く感じるものの、その隣のスペースを引き戸で区切り、あるときはコンパクトにあるときは広々使えるようにします。吹き抜けにしなければ2階が狭くなりにくいですし、引き戸で区切ってリビングだけ冷暖房を使えば冷暖房効率の問題も減らせるでしょう。

京都の注文住宅は他の地域よりも地味なデザインが多い傾向にあります。観光都市の京都では古都のイメージを守ることが重視されるため、景観を損ねないデザインにする必要があるからです。