30日2019年11月

家賃から賃貸住宅を絞り込む

賃貸住宅を借りる時の目安のひとつとしてあげられているひとつに、家賃があります。家賃がどれくらいになるのかによって、住みやすい家を見つけるポイントができるでしょう。家計にとって最も負担になりにくい家賃としてあげられているのは、給料の三分の一です。とはいえ、額面の給料ではなく、あくまでも手取り額の三分の一を意識して家を探すといいでしょう。というのも、額面の給料では家賃の支払いに負担を感じる家庭が少なくないからです。額面よりも税金などを差し引かれた手取り額から計算することによって、自分の希望する住宅を決めやすくなります。人によっては手取り額から毎月の貯蓄を差し引いて、その中から三分の一を家賃に回す人もいますが、あまり無理をして貯蓄しすぎないほうがいいです。心身ともに快適な暮らしを続けると収入が増えやすく、より快適な家に住みやすいでしょう。

通勤時間や間取りなども条件になる

会社員にとって、通勤時間は賃貸住宅を決める時に重要な要素となります。とくに最寄の駅からの時間によって混雑するか、しないかはっきり決まるからです。なるべく乗換えが少なく効率よく通勤できるエリアに絞込み、毎月の給料から出せる範囲を算出すると決めやすくなります。とくに駅からの距離によって通勤時間が決まるため、住みたいエリア、通勤しやすいエリアを厳選してから決めましょう。

人によっては間取りや広さを最優先する場合もあります。地域によっては通勤に車を必要とするため、駐車場を完備しているところや子供がいるから広めの間取りを探しているといった人も少なくありません。

特にどうしても譲れない部分と、ある程度譲ってもいい部分に分けて考えると、決めやすくなるでしょう。

札幌東区の賃貸は、比較的駐車場の料金が安いところが多いです。札幌の中心部からも近いので、普段車と公共交通機関を使って生活している方にはおすすめです。